昭和歌謡のアイドル

こんにちわ、
よぴまるです。

先日、ラジオに麻丘めぐみさんが出ていました。まさに僕の高校時代のアイドルです。
彼女の『私の彼は左きき』が、ヒットした時左手で箸を持って食事をする練習をしました。

なんで、箸だったのか?

多分、これならできそうと思ったからで、今での左手で箸を使ってご飯食べられます。

さて、昭和の時代、誰もが知っているアイドルが沢山誕生しました。現在も活躍している人がいます。

さて、ちょっと振り返ってみたいと思います。

松田聖子

彼女の事は、今の若い人達でも、絶対に知っている事でしょう。
数々のヒットを飛ばし一世を風靡しましたが、今も第一線で活躍しているのですからすごいです。
でも松田聖子の年齢が58歳だと聞くと、誰もが「ええっ!」とびっくりするかもしれません。
別に彼女自身は、年齢を隠したりはしていません。1962年(昭和37年)生まれです。
ずっと若く見えます。
デビューしたのが1980年です。
僕は、大学3年生でしたが、『青いサンゴ礁』の圧倒的な歌唱力には、今でも強烈に記憶しています。

ちょうど、山口百恵が、引退する年のデビューですから、それも何か因縁めいて感じます。
聖子ちゃんカットというヘアスタイルも一世を風靡しましたね。
当時、繁華街を歩くと、よく聖子ちゃんカットの女性を見掛けたものです。

松田聖子 ディスコグラフィ <<<松田聖子のCDはこちらから

天地真理

もうテレビから消えて何十年もたっていますので、今の若い人達は名前だけは聞いた事がある、くらいかもしれません。
とは言え、1970年代前半に一世を風靡し、その人気ぶりはすごいものでした。
小さい子供から若い男性、女性、お年寄りまでファン層が広く、「まりちゃん」という愛称で親しまれました。

彼女の全盛期、僕は中学生でしたが、彼女のポスターを部屋に貼っていたものです。

ゴールデン☆ベスト 天地真理

中森明菜

1980年代に、松田聖子と並ぶ人気だったのが中森明菜です。
歌もうまく、ちょっとつっぱった感じの、媚びない雰囲気もありました。
この頃ではあまり見かけなくなりましたが、人々に強い印象を与え、忘れがたいアイドルの1人かもしれません。

ただ個人的にはあまり好きなタイプではないですが、万人に好かれるというよりも、好きな人には、熱狂的に迎えられるタイプのようです。

BEST<レコードの日対象商品/限定盤> 中森明菜

デビュー38周年を迎えた中森明菜のデビュー曲「スローモーション」(1982年)から「SOLITUDE」(1985年)までのシングル全13曲を収録し、大ヒットを記録した初のシングル・コレクションを音質向上の為2枚組LP仕様で再発売。

===============================

BESTII<レコードの日対象商品/限定盤> 中森明菜

デビュー38周年を迎えた中森明菜の「DESIRE -情熱-」(1987年)から「I Missed ‘THE Shock’」(1988年)までのシングル全10曲を集めて発売されたシングル・コレクション第2弾。音質向上の為2枚組LP仕様で再発売。

山口百恵

それこそ昭和史に残るアイドルと言えば、山口百恵でしょう。
他のアイドルとは、一線を画す存在だと思います。

山口百恵は、僕より2歳年下ですが、大人の女性を感じさせる存在でした。

数々のヒット曲を出し、映画やテレビドラマでも主演をし、どれも好評を博しました。
彼女もファン層が幅広く、本当に国民的なアイドルという感じでした。
その人気絶頂の中、映画で共演した三浦友和と婚約し、電撃的に引退発表をしたことも世間を驚かせました。
そのあまりに潔い幕引きに、魅了された人も多いかもしれません。

現役だった時に自叙伝「蒼い時」を出し、ベストセラーとなり、文庫本にもなりました。
最近ではライフワークのようにしているキルト作品を発表しています。
そのキルトの作品集まで出版し、発行部数が20万部を超えているということで、いまだに根強いファンがいる事は確かなようです。

ゴールデン☆ベスト 山口百恵 コンプリート・シングルコレクション<完全生産限定盤>

デビュー曲「としごろ」から引退曲「一恵」までの全シングル及び1990年代に発表されたリアレンジ・シングルまでを網羅したベスト・アルバム。

============================

伝説から神話へ 日本武道館さよならコンサート・ライブ -完全オリジナル版- 山口百恵

日本武道館さよならコンサート・ライブ -完全オリジナル版-。今まで収録されなかった「謝肉祭」を追加して完全版に。さよならコンサートで披露された全曲映像を収録したDVD。内容は「日本武道館さよならコンサート・ライブ 山口百恵─伝説から神話へ─」(2003年発売DVD、MHBL-2)に「謝肉祭」を追加して完全版に。

「MOMOE LIVE PREMIUM」(2006年発売BOX-完全生産限定-、MHCL-731~751)収録のDVDには、「謝肉祭」が収録された同一内容が既に発売されております。DVD単体商品としては、初の完全版になります。コンサートのラストでステージの床に白いマイクを置いて去っていったのが、今も語られる伝説の感動シーンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました